フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 佐藤芳直『文系サラリーマン勝ち残るアイツの仕事の中身』大和出版 | トップページ | 白潟敏朗『仕事の5力』中経出版 »

2011年2月 5日 (土)

野田榮一『社長、あなたは「数字」に甘すぎる』あさ出版

結局ほとんどの社長は、「数字に甘い」のです。

「事業」経営者として変身できなかった人は、会社の規模に関係なく、頭のなかが「家業」そのものであるケースが多いのです。

経営のプロであると同時に優れた教育者でなければ、そう簡単に息子や娘に経営者教育を施せるものではありません。

3代にわたって事業承継が成功するケースは例外中の例外。

事業承継を押しつけるのではなく、子供には自分の好きな道を選ばせてあげてください。

経営者が会社を経営する目的は、関係者全員の幸せです。

中小企業の中にできるガン細胞

  1. ものすごい金食い虫です。
  2. 短期間に成長します。
  3. いったん増殖を始めたら手のつけようがありません。
  4. 「儲け」を食い荒らしながら増殖し、「関係者の幸せ」である幹の成長を止めるだけではなく、幹をも食い荒らし、やがては枯れさせる。

ガン細胞を撲滅するには

  1. オーナーが交代または引退すること。
  2. オーナーに抵抗できる社長が陣頭指揮をとることもある。この場合は、オーナーの力を無力化することが会社再建の前提条件。

最終決断は、大所・高所から行わなければならない。

吟味した結果、役に立たないもの、将来も企業の「お荷物」になるようなものは、思い切って切り捨ててください。決断は慎重に、かつ迅速に行ってください。

組織や商品等を細分化していくと、どこに問題があるのかがわかってきます。問題が特定されれば、対策も立てられます。

労働分配率は、どの企業にも当てはめることができる指標とはいえません。

こんな会社では細胞経営はできない

  1. オーナーの欲望
  2. オーナーの公私混同
  3. 情報開示の不足
  4. コミュニケーション不足
  5. ガバナンスに対する抵抗
  6. 継続性

会社の中には、1円のような小さなロスが山ほど落ちています。この1円のロスを放置すると、時間の経過とともにやがてそのロスが10円となり、100円となります。時間がたつにつれて、ロスは大きくなるのです。

「ロス」を探すのは、顧客に一番近いところから始めるのがいいです。

中国の古典で、「他人を動かす秘訣」として、「自分が4割、相手に6割」があります。江戸時代の理想的な年貢の割合は「四公六民」とされていたようです。「4対6」の分割は、数学の黄金分割(0.382対0.618)に近似しています。会社の利益の理想的な配分とは、案外、数学の黄金分割と共通しているのかもしれません。

店舗販売員は、いくら売らなければならないか

   <必要売上額=月給×4÷粗利益率>

« 佐藤芳直『文系サラリーマン勝ち残るアイツの仕事の中身』大和出版 | トップページ | 白潟敏朗『仕事の5力』中経出版 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/50785047

この記事へのトラックバック一覧です: 野田榮一『社長、あなたは「数字」に甘すぎる』あさ出版:

« 佐藤芳直『文系サラリーマン勝ち残るアイツの仕事の中身』大和出版 | トップページ | 白潟敏朗『仕事の5力』中経出版 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック