フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ラム・チャラン『「必ず伸びる会社の10の習慣」』日本経済新聞社 | トップページ | 会計上の不正と虚偽と誤謬 »

2011年2月23日 (水)

ジョン・C・マクスウェル『求心力』三笠書房

「カリスマ」とは、ギリシャ語で「神からの特別な恩寵」という意味。

人間の「本当の姿」は、子供と遊んでいる時、車のタイヤがパンクした時、上司が留守の時、誰にも見られていないと思っている時に表れるという。

練習のために、一日に少なくとも二つは〝自分がやりたくないこと〟をやらなければならない。

人を育て、伸ばすためには、相手を信頼し、気にかけてやることだ。相手を嫌ったり、蔑んだり、軽んじたりしていれば、その人を動かすことも感化することもできない。相手のことを「取るに足りない奴だ」と思っていれば、相手はあなたの〝期待どおり〟の人間にしかなれないのだ。

人がもっとも影響を受ける相手とは、「自分を最大限に評価してくれる人」なのである。

人を伸ばすとは、相手を思いやることなのだ。

〝自尊心〟をくすぐられるから「やる気」に火がつく。

誰もが、自分の存在意義を認めてほしいと思っている。

たとえ相手が間違いを犯し、よい結果が出せなかった時でも、絶えず信頼感を示さなければならない。

人の話をよく聞く人が、アイデアに涸渇することはない。

人生とは、永遠の間の一瞬のひらめきである。チャンスは二度と訪れない。(トーマス・ラーライル)

成功の程度を測る尺度は、どんなに難しい問題を解決したかではない。去年と同じ問題が今年もまた持ち上がっていないかどうかである。(ジョン・フォスター・ダレス)

飛び抜けた才能を持った人は、人に教えるのがあまりうまくない。(ドラッカー)

« ラム・チャラン『「必ず伸びる会社の10の習慣」』日本経済新聞社 | トップページ | 会計上の不正と虚偽と誤謬 »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・C・マクスウェル『求心力』三笠書房:

« ラム・チャラン『「必ず伸びる会社の10の習慣」』日本経済新聞社 | トップページ | 会計上の不正と虚偽と誤謬 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック