フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 望月実『「数字」は語る』日本経済新聞出版社 | トップページ | 債務の確定:販売費及び一般管理費計上時期の原則 »

2011年3月 9日 (水)

新規取得した減価償却資産の事業供用日はいつか

新規取得した資産が事業の用に供されているかの確認は、主として決算期末に購入した資産が対象となります。

特に機械については、納品日ではなく機械が使用できる状態すなわち試運転が終了し検収報告書を受領した日以後でなければ事業の用に供することはできません。

したがって、その日が決算期内でなければ当期の減価償却費として計上することはできないのです。

« 望月実『「数字」は語る』日本経済新聞出版社 | トップページ | 債務の確定:販売費及び一般管理費計上時期の原則 »

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新規取得した減価償却資産の事業供用日はいつか:

« 望月実『「数字」は語る』日本経済新聞出版社 | トップページ | 債務の確定:販売費及び一般管理費計上時期の原則 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック