フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 田坂広志『営業力』ダイヤモンド社 »

2011年3月31日 (木)

野口吉昭『コンサルタントの習慣j術』朝日新書

人は習慣化する必要性を強く感じているもの以外は、習慣化することができない。

「思い入れ」は、一つ間違うと「思い込み」になる。

伝統とは革新の連続である。

習慣化のゴールとは、「それをしなければいけないからする」のではなく、「それをしないと気持ちが悪いからする」状態になったときだ。

考える習慣の基本は、整理すること・分析すること・判断する軸をもつことになる。

コンサルタントは、アンケートという定量調査よりも実は、インタビューという定性調査を重視する。

数字は仮説を裏づける論拠として使うもの。

フレームワークとは、簡単にいえば物事を整理するための「枠組み」である。

ロジックツリーでは、同じレベルの枝に入れる課題や解決策は、分類レベルが揃っており、かつ「モレなくダブりなく」書きこむことが原則である。

「三つに分ける」ことを思考の型として身につける。

場を変える、タイミングを変える、切り口を変えるというのも重要な考える習慣の一つである。

大きな視点で物事を見て、小さなことから着手する。

プロジェクトが失敗する一番の原因は、チーム内のコミュニケーションに問題があることが多い。

« 本日の映画 | トップページ | 田坂広志『営業力』ダイヤモンド社 »

コンサルタント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野口吉昭『コンサルタントの習慣j術』朝日新書:

« 本日の映画 | トップページ | 田坂広志『営業力』ダイヤモンド社 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック