フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小笠原士郎『数字嫌いの社長でもわかる儲けの帳簿』フォレスト出版 | トップページ | 重茂達『35歳までに必ずやるべきこと』かんき出版 »

2011年3月 5日 (土)

児玉尚彦『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』日本実業出版社

PDCAサイクルで必要となる経理のスキル(力)

  • Plan・・・予測力(経営計画・予算編成)
  • Do・・・改善力(コストダウン・スピードアップ)
  • Check・・・分析力(業績確認・異常値検証)
  • Action・・・報告力(業績報告・予実管理)

ITを導入しても、業務効率が改善されない理由

  1. 情報の形態を変えていない
  2. 情報が共有されていない
  3. 仕事をする人が代わっていない

経営者が会社経営で気にしていること

  1. 儲かっているか?
  2. お金は足りているか?
  3. 異常はないか?

毎月の企業活動の成果を見るうえで重要な項目(額)

  1. 売上高
  2. 粗利益
  3. 人件費
  4. 経常利益

毎月の企業活動の成果を見るうえで重要な項目(率)

  1. 粗利益率
  2. 労働分配率
  3. 経営安全率(経常利益÷粗利益)・・・経営安全率が10%の会社は、売上が10%下がると、経常利益がゼロになってしまうという割合です。

わかりやすい経理資料

  1. 表形式より、図を使う(できればカラーで)
  2. 何ページにわたる資料より、1枚にまとめる
  3. 細かい数字より、記憶できる程度の丸めた数字を使う

資金ショートにつながるリスク要因

  1. 売掛金・在庫の増加
  2. 過剰な設備投資
  3. 入金・支払サイトのアンバランス
  4. 資金調達の行き詰まり
  5. 赤字の累積

資金繰りは3つのトレンドを見ながら

  1. 景気変動の動き
  2. 業界や地域の動向
  3. 会社のライフサイクル

倒産に導く3つの資金コントロールのミス

  1. コスト・コントロール
  2. 運転資金コントロール
  3. 設備資金コントロール

私は、企業の経営計画を検証するときに、1000パターン以上シミュレーションしています。

« 小笠原士郎『数字嫌いの社長でもわかる儲けの帳簿』フォレスト出版 | トップページ | 重茂達『35歳までに必ずやるべきこと』かんき出版 »

会計読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小笠原士郎『数字嫌いの社長でもわかる儲けの帳簿』フォレスト出版 | トップページ | 重茂達『35歳までに必ずやるべきこと』かんき出版 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック