フォト
無料ブログはココログ

amazon

« レイ・コンシダイン他『だから、顧客が逃げていく』ダイヤモンド社 | トップページ | 本日の映画 »

2011年4月20日 (水)

手塚治虫『ぼくのマンガ人生』岩波新書

手塚治虫の哲学は「生命を大切にする」ことと「心なき科学技術の発達はかならず人類を滅亡させ、地球を滅ぼす」というものです。

いったん就いた職業や結婚した相手を気軽に捨ててしまって、もっと自分に合う仕事に就いたり、別の相手と結婚したりします。そんなことも一度ぐらいはしかたがないかもしれませんが、それをつづけているうちにだんだん孤独になります。ひとりぼっちになります。

Aがあきたらそれを捨てて、Bに行ってしまって、自分は幸せだと思う。あるいは、どんどん自分の趣味を変えていく。そういうことが通用する世界ではないということは、わきまえていただかなければならない。

« レイ・コンシダイン他『だから、顧客が逃げていく』ダイヤモンド社 | トップページ | 本日の映画 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/51445929

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫『ぼくのマンガ人生』岩波新書:

« レイ・コンシダイン他『だから、顧客が逃げていく』ダイヤモンド社 | トップページ | 本日の映画 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック