フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ジャック・ワース『売り込まなくても売れる! 実践編』フォレスト出版 | トップページ | ケビン・メイニー『トレードオフ』プレジデント社 »

2011年6月22日 (水)

IFRS:「アダプション」と「コンバージェンス」

日本では、EUのような、IFRSの適用(アダプション:adoption)ではなく、コンバージェンス(共通化、収斂)を選択してきました。

その結果、これまでの企業会計原則を基本とする日本の会計基準に対して、「減損会計の導入」、「リースのオンバランス化」、「工事進行基準の原則化」などの新しい会計基準を続々と制定することで、IFRSと日本基準とで異なっている項目について、個別・部分的に合わせていくことで、全体として大きな違いがないという形に持ってきたのです。

「アダプション」と「コンバージェンス」では、決定的な違いがあります。

「アダプション」は、「採用する」ということで、それまでの自国基準に替えてIFRSにするということです。ですから、自国基準がなくなるわけですから、IFRSと比較する対象(自国基準)がなくなることで、ギャップがあるとかないという話自体があり得ません。

しかし、「コンバージェンス」は、あくまで自国基準は持ち続けていて、できるだけIFRSに近づけはするものの、多かれ少なかれ、必ず違いが存在するのです。

そして、さらに問題なのは、近づけていく対象であるIFRSは、不変のものではなく、今なお成長し続けているので、「アダプション」によって、ギャップがほとんどなくなったと思っても、また差が開いたり、発生したりする可能性があるのです。

« ジャック・ワース『売り込まなくても売れる! 実践編』フォレスト出版 | トップページ | ケビン・メイニー『トレードオフ』プレジデント社 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IFRS:「アダプション」と「コンバージェンス」:

« ジャック・ワース『売り込まなくても売れる! 実践編』フォレスト出版 | トップページ | ケビン・メイニー『トレードオフ』プレジデント社 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック