フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 酒井穣『はじめての課長の教科書』 | トップページ | ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス『交渉の戦略スキル』ダイヤモンド社 »

2011年7月11日 (月)

フロー経験

フロー経験は、退屈するほど単調でもなく、不安になるほど困難すぎるほどでもない経験の領域で、「その経験それ自体が報いあるものであり、その活動が彼自身の楽しい世界を作り出す」ときに生じる。

フロー経験は、つぎの六要素によって特徴づけられる。

  1. 行為と意識の融合
  2. 限定された刺激領域への注意の集中
  3. 自我の喪失や忘却(同時に、世界との融合感)
  4. 自分の行為や環境を自ら支配できているという感覚
  5. 首尾一貫した矛盾のない行為が必要とされ、明瞭・明確なフィードバックがあること
  6. 自己目的的な(他の目的のためにそれをしているのではない)性質

« 酒井穣『はじめての課長の教科書』 | トップページ | ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス『交渉の戦略スキル』ダイヤモンド社 »

組織論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロー経験:

« 酒井穣『はじめての課長の教科書』 | トップページ | ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス『交渉の戦略スキル』ダイヤモンド社 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック