フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 堀内智彦『アナタの会社の埋蔵金(ムダ)を利益に変える本』日刊工業新聞社 | トップページ | 本日の映画 »

2011年8月20日 (土)

小山昇『本当に儲ける社長のお金の見方』中経出版

長年、同じ人に同じ仕事をさせるから魔が差す。

P/Lは見解。B/Sは現実。

資産の部は、より上位の勘定科目に数字を移す(上位科目を増やす)。負債の部は、より下位の勘定科目に数字を移す(下位科目を増やす)。

店舗が自社物件の場合は、勘定科目は「資産の部」。資産の返済は「利益」で行なうため、現金が残りにくい。

どうして「売上」で比較しないのか。売上で比較をすると、「値引きをして、赤字になる」からです。

« 堀内智彦『アナタの会社の埋蔵金(ムダ)を利益に変える本』日刊工業新聞社 | トップページ | 本日の映画 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小山昇『本当に儲ける社長のお金の見方』中経出版:

« 堀内智彦『アナタの会社の埋蔵金(ムダ)を利益に変える本』日刊工業新聞社 | トップページ | 本日の映画 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック