フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | ブライトマン『戦略思考学』プレジデント社 »

2011年10月 9日 (日)

藤屋伸二『20代から身につけたいドラッカーのマーケティング思考法』中経出版

技術者が設計図を引く前の段階からマーケティングがはじまる(GE)。

マーケティングは、商品ラインごとに、現在の大きさ、潜在的な大きさ、経済的な要因、イノベーションのトレンド、顧客から見た市場、直接・間接の競争相手を考慮した市場の定義をしたあとで行う。

「自分の会社は何屋か?」を自問することからはじめよう。

社内にあるのはコストセンター。プロフィットセンターは社外にある。

問題解決をしても、本来得られるはずのものが得られるようになるだけ。

問題解決はもとに戻すだけだが、チャンスには飛躍の可能性がある。

顧客のことは顧客自身に聞かなければわからない。

競争相手は同業他社だけではない。

低価格は「利益を出すしくみ」ができてから。

« 本日の映画 | トップページ | ブライトマン『戦略思考学』プレジデント社 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本日の映画 | トップページ | ブライトマン『戦略思考学』プレジデント社 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック