フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | IFRS研究会『IFRS 業務変革を迫る会計の新潮流』同友館 »

2011年10月29日 (土)

大毅『IFRSと内部統制の考え方』日本実業出版社

「原則主義」というみずからの頭で考え、理念・哲学から成る会計方針に基づき、企業の財務報告を行い、その基礎となる会計資料を作成し、また、作成のための経理規程を定めるということです。

訴訟に耐えうるエビデンスは「書面」。

単に「当該会社の原則主義に合致していたかどうか」のみならず、「当該会社の原則主義がそもそもIFRSの基準に合致していたか否か」自体も問われることになります。

« 本日の映画 | トップページ | IFRS研究会『IFRS 業務変革を迫る会計の新潮流』同友館 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大毅『IFRSと内部統制の考え方』日本実業出版社:

« 本日の映画 | トップページ | IFRS研究会『IFRS 業務変革を迫る会計の新潮流』同友館 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック