フォト
無料ブログはココログ

amazon

« トニー・ブザン『仕事に役立つマインドマップ』ダイヤモンド社 | トップページ | キース・ヴァン・デル・ハイデン『シナリオ・プランニング』ダイヤモンド社 »

2011年10月20日 (木)

スチュアート・クレイナー『マネジメントの英断 75の伝説』東洋経済新報社

多くの人々が心に刻みつけるのはむしろ、ビジネスを変え、産業を変え、そして世界を変えた英断なのである。

意思決定こそがマネジメントの柱だという事実はゆるがない。

戦略は混沌とした現実に翻弄されるものだ。

われわれは、優れた戦略がどのようにして生まれるのか、解き明かしていない。

戦略とは、幸運と先見の明が組み合わさって生み出される。偶然の産物だといってもいいだろう。

経営者による決断は、実際にそれが下されたというはっきりとした証拠がなく、実にまぎらわしい。間接的な証拠が積み重なって、ようやく決断がなされたという事実が見えてくるのだ。・・・・・主として、さまざまな要因が重なった結果として、また周辺の状況から、それとなくわかってくる。

意思決定は、いつ、どこで下されたかを特定できるケースは少ない。

人の意見に耳を傾ける、というのはビジネス・リーダーにとって貴重な資質である。

ビジネスはこの六〇年間変わっていない。基本的な進め方は以前と同じなのだ。

議論などしなくても、感覚的にわかるはずだ。嗅覚は知性と同じくらい大きな意味を持つ。

何を変えてもいいが、基本理念だけはけっして変えるべきではない。企業にとってただ一つの聖域は、基本理念なのだ。

専門家に白い目で見られないアイデアなど、なんの価値もない。

よい製品は市場調査から生まれる。

重役二人が同じような発想をしている? ならば一方は不要だろう。

優れたマネジメントは人間らしい温かみにあふれているはずだ。

すべての失敗はマネジャーの失敗である。

マネジメントを実践するのは人。

マネジャーのビジョン、献身、そして誠実さこそが、マネジメントの成否を分けるのだ。

後追いはするな。常識を捨てよ。少しばかり常識を逸してもかまわない。

「クレイジーだ」といわれるようなことをするべきだ。「それはよい」などと評されるようでは、すでに他社がやっているということだ(御手洗)。

マーケティングは重要すぎて、とてもマーケティング部門だけに任せてはおけない(デイビッド・パッカード)。

« トニー・ブザン『仕事に役立つマインドマップ』ダイヤモンド社 | トップページ | キース・ヴァン・デル・ハイデン『シナリオ・プランニング』ダイヤモンド社 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/53007636

この記事へのトラックバック一覧です: スチュアート・クレイナー『マネジメントの英断 75の伝説』東洋経済新報社:

« トニー・ブザン『仕事に役立つマインドマップ』ダイヤモンド社 | トップページ | キース・ヴァン・デル・ハイデン『シナリオ・プランニング』ダイヤモンド社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック