フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 齋藤嘉則『問題解決プロフェッショナル 「思考と技術」』ダイヤモンド社 | トップページ | スチュアート・クレイナー『マネジメントの英断 75の伝説』東洋経済新報社 »

2011年10月18日 (火)

トニー・ブザン『仕事に役立つマインドマップ』ダイヤモンド社

すべてのメイン・ブランチがセントラル・イメージとつながっていることが特徴だ。

マインドマップを描くときにはいつでも色を使おう。

自然なプロセスそのものであることがマインドマップの真髄です。

(交渉について)マインドマップとの関連性が特に高いと思うのは、腕の立つ交渉人は選択肢という観点で考えることです。交渉力が劣る人は限界という観点で考えます。交渉に負ける原因の1つは、相手に予想されてしまうことです。

合併とは種類の異なる2つの既存文化から新しい文化を築くことだ。したがって、双方がお互いの長所と短所を認識することが不可欠である。

相手と相手の考えに関心を示す。

人間は遊んでいるときに最高の仕事をするという驚くべき発見。適切な職場環境の中では、想像力が解き放たれて創造性が発揮され、遊んでいるときには疲れにくいのと同じように、エネルギーと耐久力が高まる。

プレゼンテーションでは、いかに相手の記憶に残るかが重要な決め手となる。

イメージと感覚フィードバックが一体化した想像(イマジネーション)と連想、つまり関連づけという2つの主な要素があります。この2つの要素に加え、目立つものがあると記憶の働きがよくなります。

日常作業を繰り返し行うこと自体が、極めて重要なスキルであるという事実を忘れてはならない。

« 齋藤嘉則『問題解決プロフェッショナル 「思考と技術」』ダイヤモンド社 | トップページ | スチュアート・クレイナー『マネジメントの英断 75の伝説』東洋経済新報社 »

ビジネスツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トニー・ブザン『仕事に役立つマインドマップ』ダイヤモンド社:

« 齋藤嘉則『問題解決プロフェッショナル 「思考と技術」』ダイヤモンド社 | トップページ | スチュアート・クレイナー『マネジメントの英断 75の伝説』東洋経済新報社 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック