フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 「フレーミング」と「アンカリング」 | トップページ | 使用総資本事業利益率 »

2011年12月15日 (木)

高下淳子『今までで一番やさしい 法人税申告書のしくみとポイントがわかる本』日本実業出版社

社外に現金等が流出しない申告調整は別表四の「留保」に記載する。

貸借対照表の未払法人税等を、税務では「納税充当金」と呼ぶ。

納税充当金は税務上の負債ではなく純資産にプラスする。

税務では、実額による未払税金を「未納法人税等」と呼称する。

未納法人税等は税務の負債として純資産からマイナスされる。

当期だけで課税関係が終了する項目が社外流出欄に記載されます。

社外流出のうち※を付ける項目は、実際に純資産を減少させる項目ではないものの、当期だけで課税関係が終了する税務調整項目なので「留保」に記載することはできず社外流出に記載されます。

« 「フレーミング」と「アンカリング」 | トップページ | 使用総資本事業利益率 »

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「フレーミング」と「アンカリング」 | トップページ | 使用総資本事業利益率 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック