フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 牛越博文『これだけは知っておきたいドラッカー』文藝春秋 | トップページ | 谷澤潤『ブレインダンプ』東洋経済新報社 »

2011年12月 7日 (水)

大村大次郎『そば屋はなぜ領収書を出したがらないのか?』日本文芸社

105円の金額表示がある領収書を905円にしていたら、ぱっと見たときやっぱ変だなって思うでしょう?

多額の取引というのは、領収書1枚では成立しません。見積書や請求書などがあるはずです。

コクヨの領収書は、実は記号で製造時期がわかるようになっているのです。

税務署に見せる帳簿のことを税務署ではA勘定といい、裏帳簿のことをB勘定と呼んでいました。

スナックやクラブのホステスさんであれば、店で着る服や、美容院代も経費として認められます。

ときどき宛名が「上」になっている領収書は認められない、などという噂がありますが、あれはデマです。

« 牛越博文『これだけは知っておきたいドラッカー』文藝春秋 | トップページ | 谷澤潤『ブレインダンプ』東洋経済新報社 »

税法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 牛越博文『これだけは知っておきたいドラッカー』文藝春秋 | トップページ | 谷澤潤『ブレインダンプ』東洋経済新報社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック