フォト
無料ブログはココログ

amazon

« K・ブランチャード他『1分間マネジャー』ダイヤモンド社 | トップページ | 本日の映画 »

2011年12月12日 (月)

柴田知央『基礎の基礎1日でマスター 法人税申告書の作成』清文社

会社の純資産と法人税法の純資産は、必ずしも一致しません。主な不一致の原因として、資本金等の額の場合、

  1. 合併、分割、株式交換など企業再編があった場合
  2. 欠損てん補を行なった場合
  3. 自己株式を取得した場合

・資産と負債の帳簿価額に会計と法人税法の認識の違いがある場合→留保

・資産と負債の帳簿価額に会計と法人税法の認識の違いがない場合→社外流出

会計と法人税法の取扱いの違いが将来、解消されるものが「留保」。

会計と法人税法の取扱いの違いが永久に解消されないものが「社外流出」。

法人税法では、引当金の処理は洗替法の考え方しかありません。

付加価値や資本を課税対象とした事業税は、利益をベースとしたものではありません。そのため、営業費用項目として「租税公課」で会計処理を行ないます。

« K・ブランチャード他『1分間マネジャー』ダイヤモンド社 | トップページ | 本日の映画 »

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« K・ブランチャード他『1分間マネジャー』ダイヤモンド社 | トップページ | 本日の映画 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック