フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 業界分析入門 »

2012年1月12日 (木)

Harvard Business Reviw『マイケル・E・ポーター 戦略と競争優位』ダイヤモンド社

戦略とは、他者にはない「独自性」に優れたポジショニングであり、これを担保する「活動システム」の構築であり、そのために「トレード・オフ」を受け入れることであり、したがって、「何をやり、何をやらないのか」を選択すること。

TQMやベンチマーキングなどの業務改善や効率化は模倣可能であり、およそ戦略ではない。

コストと品質はトレード・オフではなく、業務改善の賜物であり、戦略の勝利ではない。

「ウォール街を喜ばせる」ことに費やされるエネルギーすべてを真の経済価値を創造する競争要因に振り向けた場合、企業の業績は改善し、経済全体が向上することだろう。

業務効果とは、類似の活動を競合他社より優れて実行することである。

« 本日の映画 | トップページ | 業界分析入門 »

経営戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/53716279

この記事へのトラックバック一覧です: Harvard Business Reviw『マイケル・E・ポーター 戦略と競争優位』ダイヤモンド社:

« 本日の映画 | トップページ | 業界分析入門 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック