フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 「届出書」と「申請書」 | トップページ | ダニエル・ピンク『フリーエージェント社会の到来』ダイヤモンド社 »

2012年1月 5日 (木)

榎本博明『「上から目線」の構造』日経プレミアシリーズ

「上から」を拒絶する人は、父性的な働きかけを拒否しているのではないか。

目上の人間から注意を受けたり、アドバイスを受けたりしたときに、「上からですね」と非難がましい反応をする若者は、自信のなさゆえに、攻撃的な反応に出るのであろう。もしほんとうに自信があれば、人の意見に素直に耳を傾ける心の余裕があるはずである。

何らかの能力が劣るのもひとつの個性であり、その子の人間的価値には何の関係もないので、バカにしてはいけない。そうしたことを体得させるのが大切なはずだ。

「プライドが高いから扱いに注意しなければならない」と言われる人は、自尊心の高い人というよりも、うぬぼれの強い人なのだ。

自慢話をしたり、偉そうな態度をとったりする人間は、じつは小人物である。

他者の視点を取り入れるというのは、非常に重要なことだ。

« 「届出書」と「申請書」 | トップページ | ダニエル・ピンク『フリーエージェント社会の到来』ダイヤモンド社 »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 榎本博明『「上から目線」の構造』日経プレミアシリーズ:

« 「届出書」と「申請書」 | トップページ | ダニエル・ピンク『フリーエージェント社会の到来』ダイヤモンド社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック