フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 佐藤孝幸『出世するなら会社法』光文社新書 | トップページ | 深見浩一郎『IFRSの会計「国際会計基準の」の潮流を読む』光文社新書 »

2012年2月29日 (水)

金井壽宏『ニューウェーブ・マネジメント―思索する経営』創元社

経営学は、自分がなぜ経営できているのかを深く内省し、自ら経営の理論(持論)を抱く人びとによって形づくられてきた。

経営学は、現場のひとが現場の経験にもとづいてなにげなく放つ言葉から、基礎的概念さらには理論を構築すべきである。

多くの学問分野でよく生じることだが、その中心概念ほど定義が困難なものである。

表マネジメントは、「決められたことを決められた通り、きちんと人びとにやってもらう」世界だ。裏マネジメントは、「みんなでいっしょに、なんとかやろう」という世界である。

原則という言葉は困りものである。原則というだけで、すでに例外の存在が含意されている。

うまくいっているかどうかのフィードバックなしに、学習は生じない。

テイラーは、一流の人のやり方を標準化して、その手順がわかるようにした。

アルバイト学生が、神社にもマニュアルがあるのに驚いていたが、肝心なことほどそのマニュアルに書かれていないのに、もっと驚いていた。

よいアイデアをもっているひとも、それがよいアイデアなのかどうか、他の人びとの議論を通じてでないとわからない。

じっくり議論はするが、ばっさり決めることもできる集団。そんな集団を組織内につくりあげることは、なかなかのチャレンジだ。

慣れると工夫しなくなる(生産性ジレンマ)。

自問してほしい。今の仕事のやり方で本当にいいのか。

文化という概念を、経営学はないがしろにして使ってはいけない。

ステークホルダーのもっとも重要な使命は、社内にどっぷりとひたりきっている人びとに、見えているつもりで見えていないなにかに気づかせ、意思決定をより健全に保つことにある。

成功の原因は、自分の側の努力や能力に「内部」帰属される傾向があるのに対して、失敗の原因は、自分がおかれた状況の側、つまり課題の困難度や運に「外部」帰属される傾向がある。

革命には知的に詰めた思考がいる。

ひとはいつか死ぬ、ということを意識して創った組織論のほうが迫力がある。

ドメイン定義とは、「わが社はいったい何屋なのか」というなんでもない問いに、奥行き深くクリエーティブに答えることである。

« 佐藤孝幸『出世するなら会社法』光文社新書 | トップページ | 深見浩一郎『IFRSの会計「国際会計基準の」の潮流を読む』光文社新書 »

組織論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 佐藤孝幸『出世するなら会社法』光文社新書 | トップページ | 深見浩一郎『IFRSの会計「国際会計基準の」の潮流を読む』光文社新書 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック