フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 短期の前払費用 | トップページ | 河口裕治『実践コンサルティング教室 成功のための36講』ビジネス社 »

2012年2月 6日 (月)

バーバラ・ミント『新版 考える技術・書く技術』ダイヤモンド社

わかりやすい報告書はいずれも明快なピラミッド構造で考えが構成。

最もわかりやすい順序とは、まず全体を要約する考えを述べ、そのあとに個々の考えをひとつひとつ説明していくことです。

書き手は、論理的に考えて読み手がこれ以上の質問をしないところまで、Q&Aを繰り返します。

箇条書きの冒頭をあまり意味のない文章でくくってしまう。例:「会社には5つの問題点がある」など。ここでは、箇条書きされた各ポイントが意味するもの、つまり、「中身」を書く必要があります。

« 短期の前払費用 | トップページ | 河口裕治『実践コンサルティング教室 成功のための36講』ビジネス社 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 短期の前払費用 | トップページ | 河口裕治『実践コンサルティング教室 成功のための36講』ビジネス社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック