フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 山口勉『よそより10万円高くてもお客さんが喜んで買う「街の電器屋さん」が大切にしていること』すばる舎リンケージ | トップページ | エリック・シュルツ『マーケティングゲーム』東洋経済新報社 »

2012年5月28日 (月)

長谷部光重『生き残る会社の先読み戦略』中経出版

「あの店に行けば必ず置いてあるだろう」「あの店になかったらしょうがない、と思ってあきらめよう」と思わせるだけで勝ちなのです。

どんな顧客に、何を売りたいのかをハッキリさせてこそ繁盛店になるものなのです。

韓国のように病院が葬儀場を経営する時代がくるかもしれません。

観光産業にたずさわる人材の育成とソフト面の拡充がなければ、観光立国はあり得ません。

« 山口勉『よそより10万円高くてもお客さんが喜んで買う「街の電器屋さん」が大切にしていること』すばる舎リンケージ | トップページ | エリック・シュルツ『マーケティングゲーム』東洋経済新報社 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長谷部光重『生き残る会社の先読み戦略』中経出版:

« 山口勉『よそより10万円高くてもお客さんが喜んで買う「街の電器屋さん」が大切にしていること』すばる舎リンケージ | トップページ | エリック・シュルツ『マーケティングゲーム』東洋経済新報社 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック