フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 伊藤良二『「戦略課題」解決 21のルール』朝日新聞出版 | トップページ | 本日の映画 »

2012年5月 3日 (木)

望月実他『IFRS決算書読解術』阪急コミュニケーションズ

IFRSで利益概念が当期純利益から包括利益まで拡張した背景には、企業活動の成果を考える時に資産及び負債の価値変動リスクを無視できなくなってきたことが大きいと思います。

包括利益は、ビジネスからのリスクとリターンだけではなく、所有資産からのリスクとリターンまでを含め総合的に判断することができる利益概念への拡張であると考えられます。

« 伊藤良二『「戦略課題」解決 21のルール』朝日新聞出版 | トップページ | 本日の映画 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 望月実他『IFRS決算書読解術』阪急コミュニケーションズ:

« 伊藤良二『「戦略課題」解決 21のルール』朝日新聞出版 | トップページ | 本日の映画 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック