フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ジョン・ネスビッツ『マインドセット ものを考える力』ダイヤモンド社 | トップページ | 向谷匡史『会話は「最初のひと言」が9割』光文社新書 »

2012年7月14日 (土)

タナベ経営『永続発展する価値ある企業の条件』ダイヤモンド社

企業はつぶれるようにできている。

経営者は自分の代の事業がうまくいって50点、事

業承継がうまくいって初めて100点満点。

自社が世の中に何で貢献するのかを示した「事業理念」と、そのためにどういう経営をするのかという「経営理念(マネジメントの仕方、お金や人に対する考え方)」。

引き算経営⇒売上-必要な利益=コスト

経営数値の倍数戦略

  1. 一社取引ウエートを10%以下にする
  2. 二つのシェアを20%異常にする(ターゲット市場におけるシェアと得意先内におけるインストアシェア)
  3. 粗利益率40%以上を確保する
  4. リピート率(紹介率)80%以上へ挑戦する

決算書分析の手順

  1. BS
  2. PL
  3. 生産性
  4. 経営理念

経常利益率10%以上を10年以上継続できれば、実質無借金になる。

企業の未来を占う場合、1年後であれば決算書、5年後であれば商品、10年後であれば人材を見ればわかる。

進むときは人任せ、退くときは自ら決せよ。

« ジョン・ネスビッツ『マインドセット ものを考える力』ダイヤモンド社 | トップページ | 向谷匡史『会話は「最初のひと言」が9割』光文社新書 »

コンサルタント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タナベ経営『永続発展する価値ある企業の条件』ダイヤモンド社:

« ジョン・ネスビッツ『マインドセット ものを考える力』ダイヤモンド社 | トップページ | 向谷匡史『会話は「最初のひと言」が9割』光文社新書 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック