フォト
無料ブログはココログ

amazon

« タナベ経営『永続発展する価値ある企業の条件』ダイヤモンド社 | トップページ | 井上和幸『あたりまえだけどなかなかできない 係長・主任のルール』明日香出版社 »

2012年7月15日 (日)

向谷匡史『会話は「最初のひと言」が9割』光文社新書

相手が目上の場合は、名前に「肩書き」をつけて呼ぶこと。

ミラーリング効果・・・人間は、自分と似た仕草などをする人に好意を持つ。

日本の男性の多くは、韓流にお熱をあげる中年女性に冷ややかで、つい悪態をついてしまう。

会話の主導権を握りたければ「結論」から入れ。

一声、二姿、三男

ミラー・ニューロン仮説・・・表情は相手の心に伝染する

語尾を濁らせてる人間は、優柔不断に見えてしまう。

「初め」と「終わり」―人間関係は、ここが勝負だ。

ボールはまず自分から投げるべきなのだ。〝言葉のキャンプファイヤー〟にいかに火をつけるかに全力投球することだ。

« タナベ経営『永続発展する価値ある企業の条件』ダイヤモンド社 | トップページ | 井上和幸『あたりまえだけどなかなかできない 係長・主任のルール』明日香出版社 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向谷匡史『会話は「最初のひと言」が9割』光文社新書:

« タナベ経営『永続発展する価値ある企業の条件』ダイヤモンド社 | トップページ | 井上和幸『あたりまえだけどなかなかできない 係長・主任のルール』明日香出版社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック