フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 梶井厚志『コトバの戦略的思考―ゲーム理論で読み解く「気になる日本語」 』ダイヤモンド社 | トップページ | 植田統『銀行から「金を返せ」と言われたら読む本』光文社 »

2013年1月26日 (土)

アタックスグループ『あなたの会社の3年後が見える新しい決算書の教科書』中経出版

決算書や試算表の目的の1つは、会社のクセをしっかりと把握することです。

人財生産性=粗利益額÷人件費   たとえば人財生産性が1.5倍なら、「わが社は、社員が自分の給与の1.5倍稼いでくれる会社です」ということです。

ビジョンの3つの条件

  1. 事業領域・・・「何屋さん」で勝負するか。
  2. 数値目標・・・将来の到達点を具体的な数値で指し示す。
  3. 基本方針・・・儲かる仕組み(どの分野で、何を武器に、どのように)を決める。

« 梶井厚志『コトバの戦略的思考―ゲーム理論で読み解く「気になる日本語」 』ダイヤモンド社 | トップページ | 植田統『銀行から「金を返せ」と言われたら読む本』光文社 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 梶井厚志『コトバの戦略的思考―ゲーム理論で読み解く「気になる日本語」 』ダイヤモンド社 | トップページ | 植田統『銀行から「金を返せ」と言われたら読む本』光文社 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック