フォト
無料ブログはココログ

amazon

« アラン・R・コーエン他『影響力の法則』税務経理協会 | トップページ | 永田豊志『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』Softbank Creative »

2013年2月25日 (月)

西成活裕『無駄学』新潮社

現代社会の諸課題は、「問題は内側にあり、解決策は外側にある」といわれる。一つの分野の専門家では解決できない場合に、別の分野を連想しながら考えることも極めて重要なのだ。

災害時の部屋からの避難の際には、皆が一斉に出口に殺到するより、少し譲り合って行動した方が全員の逃げ終わる時間が短くなる場合があることが分かっている。

日本には鎌倉時代に「頼母子講」(無尽講)という互助制度が登場した。

あとがきというものは、大体において著者のいいわけが書いてある。

数学の研究は、まず言葉の定義をはっきり定めることから始まる。

長期の期間で予測が難しくなってきたときに保険は意味を持つのだ。

« アラン・R・コーエン他『影響力の法則』税務経理協会 | トップページ | 永田豊志『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』Softbank Creative »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西成活裕『無駄学』新潮社:

« アラン・R・コーエン他『影響力の法則』税務経理協会 | トップページ | 永田豊志『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』Softbank Creative »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック