フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 吉野秀『上手な言いわけダメな言いわけ』マガジンハウス | トップページ | 本日の映画 »

2013年2月13日 (水)

橋本大也『情報考学―WEB時代の羅針盤213冊 』主婦と生活社

ほとんどの本は前半に著者の言いたいことが書いてある。

キリスト教の聖書では人間はサルから進化したことにはなっていない。

真似されるようなオリジナルを作り出す文化戦略こそ最強のマーケティング戦略である。

ディズニーが多動症をごまかすために園内のゴミ拾いをしていた。

最初に箇条冒頭の「・」や連番を2、3個書いておけ。その方がアイデアが出やすいから。

現場で生産性の高い人が実際には何をしているか、の方が重要である。

迷った時は勇気がいる方を選ぶ。

頭は100%使うな。

退学した学生に対して「どんな環境でも学ぼうと思えば学べるぞ」

東洋人はゲマインシャフト(自然発生的人間関係と、共有されたアイデンティティ意識に基づく共同社会)的社会に生きる。西洋人はゲゼルシャフト(道具的な目標を達成するために組織された社会、交渉と契約の社会)的社会に生きる。

切腹は連帯責任の波及を個人が止める唯一の方法。

« 吉野秀『上手な言いわけダメな言いわけ』マガジンハウス | トップページ | 本日の映画 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋本大也『情報考学―WEB時代の羅針盤213冊 』主婦と生活社:

« 吉野秀『上手な言いわけダメな言いわけ』マガジンハウス | トップページ | 本日の映画 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック