フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 藤田昌也『会計理論のアポリア』同文舘出版 | トップページ | 村山涼一『ゆさぶる。企画書』日本経済新聞出版社 »

2013年3月 9日 (土)

坂口孝則『1円家電のカラクリ 0円・iPhoneの正体』幻冬舎新書

赤字で販売することにより、お客に「安い」という印象を与え、長期的に利益を得ることができる。

赤字であっても、それが変動費を割り込まない限り、全体の利益「額」は増えていく。

サンクコスト固定費・・・すでに支払ってしまった固定費のこと。減価償却費など。

非サンクコスト固定費・・・これから支払う固定費のこと。人件費や家賃など。

これからは本を売って儲ける時代ではない。本を出したい人からお金を取る時代だ。

追加コストがゼロに近い商品は、いずれ価格がゼロ円になっていく『フリー』

« 藤田昌也『会計理論のアポリア』同文舘出版 | トップページ | 村山涼一『ゆさぶる。企画書』日本経済新聞出版社 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂口孝則『1円家電のカラクリ 0円・iPhoneの正体』幻冬舎新書:

« 藤田昌也『会計理論のアポリア』同文舘出版 | トップページ | 村山涼一『ゆさぶる。企画書』日本経済新聞出版社 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック