フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 安田順『中小企業ための「資金繰り借入交渉」実践マニュアル』日本実業出版社 | トップページ | 明石英司『あっそうか! ビジネス法人税のちょっと深い話』中央経済社 »

2013年3月26日 (火)

海生裕明『簿記物語』長崎出版

簿記には、ある日突然すべてがわかった!というターニングポイントがあります。

スーパーなどの小売業は、2月と8月の売上が少ないので在庫が少なくなるから、2月末か8月末を決算日にしていることが多い。在庫が少なければ、決算日に在庫がいくつあるかを計算する棚卸作業を減らせる。

国の特別会計って、企業でいえば、裏金みたいなもの。

PLを見ても会社の規模はわかっても、会社の体質や本質は見えない。

売上の増加が著しくなると資金繰りが大変になる。売掛金や在庫が増加してくるからだ。

« 安田順『中小企業ための「資金繰り借入交渉」実践マニュアル』日本実業出版社 | トップページ | 明石英司『あっそうか! ビジネス法人税のちょっと深い話』中央経済社 »

会計読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海生裕明『簿記物語』長崎出版:

« 安田順『中小企業ための「資金繰り借入交渉」実践マニュアル』日本実業出版社 | トップページ | 明石英司『あっそうか! ビジネス法人税のちょっと深い話』中央経済社 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック