フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 樋口達他『会社役員が知っておきたい 会計不正のはなし』中央経済社 | トップページ | 山田淳一郎『成功を目指す若者へ、経営者へ』TFP出版 »

2013年3月30日 (土)

吉田雅紀『知ってる人だけうまくいく 社長のためのお金のはなし』すばる舎リンケージ

しなくていい苦労は、しないほうがいい。

3年たてば、だいたいの勝ち負けが見えてくるケースが多い。

ほとんどの経営課題は、お金で解決できるからです。

お金の借り先をきちんとした順に並べると、

  1. メガバンク
  2. 地銀・信用金庫
  3. 商工ローン
  4. クレジットカード
  5. サラ金
  6. 街金

敷居が低いところほど金利は高い。

かっこ悪いとか、世間体とか、自分が思っているほど世間は気にしていない。

まずは計画どおりに行動すること。

赤字を立て直すには、大きく分けて、売上アップと経費削減の二つしかありません。

売掛金方式への切り替えは、年商が1億円を超えた頃に、ちゃんとした経理を雇ってから考え始めても十分です。

当座貸越、中小零細企業の場合は、たいてい、根抵当を求められますから注意が必要です。

最初の赤字を出す前に借りておいたほうが絶対にいい。

借入先の優先順位(可能性順位)

  1. 親兄弟
  2. 友人
  3. 政策公庫(無担保)
  4. 地銀・信用金庫(保証協会経由)

中国では、私企業であっても会計責任者になるには国家資格が求められます。

ベンチャーキャピタルは経営に口は出さないが資本政策には厳しいと心得よ。

決算期の決め方いろいろ

  1. スタートダッシュに繁忙期をぶつける
  2. 大きく売り上げて年度を締めくくる
  3. 3月決算・・・他社との比較がしやすい

役員報酬を増やせば税務署ににらまれます。

取られて困るものは家族名義に。

メシを食うために働くのは事業ではなく、ただの稼業。生業です。

拡大に向けたアクションを起こすのなら、3年目か4年目です。

« 樋口達他『会社役員が知っておきたい 会計不正のはなし』中央経済社 | トップページ | 山田淳一郎『成功を目指す若者へ、経営者へ』TFP出版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 樋口達他『会社役員が知っておきたい 会計不正のはなし』中央経済社 | トップページ | 山田淳一郎『成功を目指す若者へ、経営者へ』TFP出版 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック