フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 水越豊『BCG戦略コンセプト 競争優位の原理』ダイヤモンド社 »

2013年4月 6日 (土)

ジョン・キム『不安が力になる―日本社会の希望』集英社新書

韓国では、個人に対する企業の権力はかなり強い。財閥といわれる大企業集団に様々な所有が集中しているからだ。

ブレインサーキュレーション(頭脳循環)

日本が輸出するべきは、全体のコーディネートも含めたサービスのオペレーションだと思う。

愛国について語れない雰囲気というのは、日本独特のものだ。

フランスでは大多数の国民が、自分の哲学を持っている。

韓国は日本よりもはるかに人間のスペックを重視する社会である。人間を、商業製品の仕様書のような面から見るのが一般的になっている。

韓国であれば、北朝鮮関連のニュースは、みんな手を止めてしっかりと見る。

キロギアッパ(雁の父)

« 本日の映画 | トップページ | 水越豊『BCG戦略コンセプト 競争優位の原理』ダイヤモンド社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・キム『不安が力になる―日本社会の希望』集英社新書:

« 本日の映画 | トップページ | 水越豊『BCG戦略コンセプト 競争優位の原理』ダイヤモンド社 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック