フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 村山涼一『100円の不良在庫を5000円の商品に変える方法』中経出版 | トップページ | 本日の映画 »

2013年4月 8日 (月)

木村俊介『仕事の話』文藝春秋

仕事のほとんどは、強制、幻滅、支配、犠牲などといった暴力の絡んだ要素で成立している。

車間距離がないと渋滞するということは、仕事にも言えるんですよ。

商売というのは、やってもやっても外れるもので、まぁまともで一所懸命なだけではダメですからね。

働くというのは「やり直しの繰り返し」ではないだろうか。そえが、仕事の話を聴き続けて、もっとも痛感したことである。

« 村山涼一『100円の不良在庫を5000円の商品に変える方法』中経出版 | トップページ | 本日の映画 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木村俊介『仕事の話』文藝春秋:

« 村山涼一『100円の不良在庫を5000円の商品に変える方法』中経出版 | トップページ | 本日の映画 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック