フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 梅田泰宏『領収書1枚で経理センスが身につく本』東洋経済新報社 | トップページ | 須田邦裕監修『世界一わかりやすい法人税の本』日本実業出版社 »

2013年4月 3日 (水)

橋本治『その未来はどうなの?』集英社新書

「枢軸」というのは「物事を回転させる芯棒」のことで、イタリアのムッソリーニが、ローマとベルリンを結ぶ線を想定して、「これが国際情勢を回転させる軸になる」と言ったことに由来するのが「枢軸国」です。だから、こちらは「中心であることを求める」という方向性を持っていますが、対する連合国は、ただの「連合」でバラバラです。

どうして枢軸国側が全体主義になったのかを言えば、ムッソリーニやヒトラーという独裁者を生んだイタリアやドイツが、統一国家としての歴史が浅い国だったからです。

« 梅田泰宏『領収書1枚で経理センスが身につく本』東洋経済新報社 | トップページ | 須田邦裕監修『世界一わかりやすい法人税の本』日本実業出版社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/57097099

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本治『その未来はどうなの?』集英社新書:

« 梅田泰宏『領収書1枚で経理センスが身につく本』東洋経済新報社 | トップページ | 須田邦裕監修『世界一わかりやすい法人税の本』日本実業出版社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック