フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小宮一慶『はじめてでもわかる財務諸表』PHPビジネス新書 | トップページ | 本日の映画 »

2013年7月20日 (土)

安本隆晴『強い会社をつくる会計の教科書』ダイヤモンド社

「自社の儲けの構造=損益構造」と「現金収支の構造=キャッシュフロー構造」がどうなっているかを知り・・・・

大事なのは、目標値から逆算して今何をしていなければいけないか、ということです。

「前年比〇〇%増」の前例踏襲目標は今すぐ捨て去ろう。

「管理はカネを生まないが、カネがかかる」と考える社長がいたら、明らかに経営者失格です。

「組織バス1台説」(バスに乗れる人員50~60人程度が最適)

小売業では2月決算や8月決算会社が意外と多く、これは、小売業者にとって1年を通じて一番売上高の少ない月、そのときにたな卸をすれば在庫が一番少なくてたな卸が短時間で終わる、という慣習に根ざしています。

1人当たりの決算書を作る。

薬九層倍。

売上高伸び率<総資産伸び率→危険!

損益分岐点を低くする5つの方法

  1. 固定費を削減する
  2. 限界利益率を上げる=変動費比率を下げる
  3. 変動費を削減する
  4. 売値を上げる
  5. 売上数量を増やす

« 小宮一慶『はじめてでもわかる財務諸表』PHPビジネス新書 | トップページ | 本日の映画 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安本隆晴『強い会社をつくる会計の教科書』ダイヤモンド社:

« 小宮一慶『はじめてでもわかる財務諸表』PHPビジネス新書 | トップページ | 本日の映画 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック