フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 自由国民・事典版『中国の古典名著総解説』自由国民社 »

2013年8月 1日 (木)

松嶋洋『税務署の裏側』東洋経済新報社

税務署には、五大署(麹町、神田、日本橋、京橋、芝)と呼ばれる税務署があり、この五大署の署長は、他の税務署の署長とは、はっきり申し上げて格が違います

税法解釈のプロフェッショナルともいえる「審理」という担当が各税務署に設けられており、審理担当が全体的に適用の是非を判断することとしています。

私の場合、1カ月数千円程度で9畳の部屋を東京の荻窪に割り当てられていました。

一般会社の課長に相当するポストを「統括官」といいます。

政令や省令は、どういうわけかこの新旧対照表を国民に公開していません。

« 本日の映画 | トップページ | 自由国民・事典版『中国の古典名著総解説』自由国民社 »

税務調査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松嶋洋『税務署の裏側』東洋経済新報社:

« 本日の映画 | トップページ | 自由国民・事典版『中国の古典名著総解説』自由国民社 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック