フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 松嶋洋『税務署の裏側』東洋経済新報社 | トップページ | 團藤重光他『反骨のコツ』朝日新書 »

2013年8月 2日 (金)

自由国民・事典版『中国の古典名著総解説』自由国民社

大義のためには、親子の情をも殺すこと。

大きなことを行なうときは、些細なことを考えてはいられない、もしくは考えるべきではない。

素質のない人が、英雄豪傑に学ぶと、ちょっとみっともないことになる。

口に出す言葉は蜜のように甘いが、腹の中は剣のように恐ろしい。

人の上に立つ者は、その職にふさわしい人材を登用すべきである。だから人選は慎重に行なわなければならぬ。

君子は誰も見てない所での行動を慎む。

朝目覚めたら、まず「怠けてはいないか」と自戒することだ。

貧しい家でもよく掃除してあり、貧しい女でも身だしなみをよくしていれば、どことなく風雅な品があるものだ。

明の『四大奇書』(金瓶梅・三国志演義・水滸伝・西遊記)

« 松嶋洋『税務署の裏側』東洋経済新報社 | トップページ | 團藤重光他『反骨のコツ』朝日新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/57913064

この記事へのトラックバック一覧です: 自由国民・事典版『中国の古典名著総解説』自由国民社:

« 松嶋洋『税務署の裏側』東洋経済新報社 | トップページ | 團藤重光他『反骨のコツ』朝日新書 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック