フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 佐藤昭一『「できる経理マン」と「ダメ経理マン」の習慣』アスカ »

2013年9月15日 (日)

千賀秀信『人気セミナー講師の会計実践講座』日本能率協会マネジメントセンター

「額」でなく「率」で判断する理由

金額の大きさではなく、「率」(損益分岐点比率、限界利益率)で判断するのはなぜでしょう。金額の大小で判断すると、規模の大きさが利益の大きさに影響します。一方、率は、売上高に対する相対的な割合なので、規模の大小の影響を少なくすることができるからです。

« 本日の映画 | トップページ | 佐藤昭一『「できる経理マン」と「ダメ経理マン」の習慣』アスカ »

管理会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/58193271

この記事へのトラックバック一覧です: 千賀秀信『人気セミナー講師の会計実践講座』日本能率協会マネジメントセンター:

« 本日の映画 | トップページ | 佐藤昭一『「できる経理マン」と「ダメ経理マン」の習慣』アスカ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック