フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

青島矢一他『競争戦略論』東洋経済新報社

企業間で業績の違いはなぜ生まれるのか。

経営戦略とは、「企業の将来像とそれを達成するための道筋」。個々の企業が「どうありたいか」を考え、その理想とする状態に「いかにしてたどりつくか」。

どんな産業においても、個々の企業の個別努力ではなかなか乗り越えられない構造的な力が働いている。

企業間で協調行動をとることで、各企業に何らかの便益がもたらされることは、一般にも広く知られている。

全社戦略が事業戦略と異なるのは、個別事業における最適化が企業全体における最適化と必ずしも一致しないことを意味する。個々の事業にとって最適だと思われる行動が、企業全体によって必ずしも望ましいとは限らない。だからこそ、経営戦略論では、全社戦略が事業戦略・競争戦略とは別個に議論されているのである。

PIMS研究では、市場シェア自体も重要であると考えるものの、収益性に影響をもたらす様々な要因の中で最も重視されるのは、相対的品質とされるのである。

前田朗『ヘイト・クライム―憎悪犯罪が日本を壊す―』三一書房

人種と民族は相対的に区別されて用いられてきた。日本民族と朝鮮民族という呼称が用いられてきたように、朝鮮人差別は民族差別である。「朝鮮人差別は人種差別ではない」と考える人もいないわけではない。しかし、人種差別撤廃条約の人種差別の定義には民族差別も含まれる。

ミサイル打ち上げは国際法に違反していない。

時間を持て余し、社会にアクセスできない人たちが匿名のインターネットでつながり、罵声を浴びせて一体感を確認した後、何事もなかったかのように日常に戻る。被害妄想をふくらませ、敵とみなした相手に英雄気分で攻撃を仕掛けては達成感を得る。あまりにも幼い。

彼らは、朝鮮や韓国や在日がなくなったら、間違いなく生きる意味を見失うだろう。

彼らは、終生私にストーカー行為を続けるだろう。しかし、彼らの人生には、光もまたありはしないのだ。

2013年10月27日 (日)

上野俊哉他『カルチュラル・スタディーズ入門』ちくま新書

カルチュラル・スタディーズが対象とするのは、人が普通に生きている日常生活や生活世界における様々な問題である。

カルチュラル・スタディーズは理論と実践を不断につなごうとする営み、運動である。

カルチュラル・スタディーズとマルクス主義の関係は深い。

おそらく「文化」の定義の中でもっとも有名なものは、マシュー・アーノルドの『文化と無秩序』の定義だろう。アーノルドによれば、「文化」とは「これまでに思考され、語られてきたものの最高のもの」と定義された。

ハーバーマスの「公共圏」をめぐる議論、ポストモダン理論批判などはカルチュラル・スタディーズとも関係が深い。

ベンヤミンによれば、近代国家における警察は、「法的目的のための(処分権をもつ)暴力」であるが同時に「広範囲にわたって法的目的を自ら設定する権限(命令権)」を併せもった「オバケめいた混合体」として発達してきたのである。

国民国家が「想像の共同体」であることは、もはやナショナリストや保守派イデオローグにとってすら認められる紋切り型(クリシェ)でしかない。国家や国民の概念が虚構、想像されたもの、幻想、構築されたものであるからこそ、それを守り、育まなければならない、というのが昨今の保守派の論理であるからだ。

奥井英作監修『キャッシュミラー経営分析』日本経済新聞出版社

資金会計理論=財務諸表をすべて現金に置き換えることで、経営成績、資金状態を把握する新しい経営分析理論です。

ニュー資金別貸借対照表=財務諸表3表をキャッシュ機軸に一表にまとめたもので、資金会計理論の根幹をなす作表です。

粉飾とは「お金の動かない取引」なので、資金の状態を突き詰めていくと、写真のフイルムが現像されるように粉飾が炙り出されてくるのです。

成田龍一『戦後日本史の考え方・学び方』河出書房新社

歴史は出来事を解釈し、語る営みです。「解釈」し「語る」ということ。

「大東亜」というのは、中国、朝鮮半島から東南アジア、南太平洋の地域を呼んだ言い方です。

20世紀の半ば、当時の日本は、ふたつの大きな植民地をもっています。台湾は日清戦争のあとですから1895年です。朝鮮半島は1910年です。

東京裁判では、戦争責任を裁くといいながら、植民地責任は問うていないのです。

歴史というのは、つねに解釈され、解釈を通じて、語られる。それによってできあがっていくのです。

歴史が「決まったもの」としてあることを意味しません。

高度経済成長の時代(1955~1973)

オイルショックから低成長の時代(1973~1986)

バブルの時(1986~1991)

失われた20年の時代(1991~2012)

現在へ(2013~)

外国人登録令・外国人登録法

2013年10月25日 (金)

藤原敏史訳『バスター・キートン自伝』筑摩書房

『海底王キートン』と『キートン将軍』は私が作ったなかで一番いい映画だと思う。

ヘンリー・フォードは私が映画で彼のT型にやった仕打ちを見てから十年間も、私にひとことも口をきこうとしなかった。

星野仁彦『発達障害に気づかない大人たち』祥伝社新書

大人の発達障害は、適切な薬物療法やカウンセリングなどを受ければ、十分、治療可能なのです。

発達障害には一芸に秀でた人が多く、歴史上の偉人たちのように一流の科学者、芸術家、音楽家などになる人が少なくありません。

『徒然草』に記された日本初のアスペルガー症候群の事例。

チャウシェスクの子どもたち。

2013年10月23日 (水)

本日の映画

さらば愛しき女(ひと)よ

失われた週末

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

バレッツ

愛すれど心さびしく・・・私は彼に悩みを相談した、しかし、彼の悩みを知らなかった

暗黒の恐怖

特別な一日

コンドル・・・ハイデッガー。ペーパーチェイスの教授。フェイ・ダナウェイ。

静かなる男

ハード・スキャンダル

真空地帯

2013年10月21日 (月)

野中郁次郎他『戦略の本質』日経ビジネス人文庫

そもそもその時点で、アメリカにとって脅威となるような軍事力を保持したままの日本と、アメリカが和平するとは考えられないからである。

物量は逆転の必要条件ではあっても十分条件ではない。

特攻作戦で散華した将兵の崇高さをいささかも貶めるつもりはないが、その作戦が統帥の外道であることは否定しようがない。

大東亜戦争では、海上戦闘が航空主兵の時代に入ったことにいち早く気づき、空母主体の艦隊編成と戦法を本格的に採用したのはアメリカ海軍であった。

2013年10月19日 (土)

原尻英樹他『日本と朝鮮 比較・交流史入門』明石書店

1910年に日本が朝鮮を植民地にしたさい、それを「朝鮮併合」ではなく「韓国併合」といったのは、朝鮮王朝の正式な国号が当時は「韓」だったからである。「韓国併合」後、日本は大韓帝国を日本の外地としての「朝鮮」と改めた。

政治を運営する官僚組織は東班(文班、文臣)と西班(武班、武臣)からなり、「両班(ヤンバン)」と総称された。

応仁の乱以後のいわゆる戦国時代には、新たな地方勢力として戦国大名なるものが登場した。

山田花子『自殺直前日記 完全版』太田出版

特に心身に障害はなくても、この世ではいくら努力しても、生きていき難い人達がいることを知った。

学校や職場など集団の中では、皆と感覚の違う者・皆と違った考え方をする者や、スローペースで集団の足並みを乱す者は「異端」として差別され迫害され排除される。

親切=お節介。心配=ありがた迷惑。

重大なこと、実はどうでもいいこと。

アインシュタインやお釈迦様の思想も結局はただの思い込みではないのか。

一度も話しかけてもないのに諦めちゃった・・・こんな恋もある。まだ何もしてないのに諦めちゃった・・・こんな人生もある。

一見するとダサイもの、マヌケなものほど実は人間的。

バカやキチガイはいつも自然体で生きている。人目を気にしてない。真の意味で人間的。

豚小屋発犬小屋行きの理論。

作品のよさと人間性のよさは別。

リチャード・ヴィートー『ハーバードの「世界を動かす授業」』徳間書店

戦略に合ったカードを持っているかどうかが大切。

国の動きはさまざまであるが、ある一定の法則がある。

一定の法則で、何らかの「軌道」をもって動いている。軌道とは発展の道である。

原子力発電所建設のリーダーはフランスと日本。

測定できない価値のすべてがシンガポールの生活を改善している。

戦略はその国に合うものを作る。

日本は初等教育と中等教育がとても優秀。

サプライサイド・エコノミストや保守派政治家たちは、減税を行っても財政赤字は膨れ上がらないと考えた。減税を行うことで経済を刺激し、それがさらに成長を促進し、失った税収を埋め合わせるに足る税収を生み出すと考えたのだ。だが、そのような考え方は間違っていたことが明らかになる。

2013年10月18日 (金)

リッチ・ハミルトン『ウォルト・ディズニーのアイデアブック』あさ出版

ねじ釘は、板や棒を留めるのに使用するものですが、究極的に求められるものは確実さから生まれる信頼感です。

ミッキーのかくし絵。

同じ池でも工場排水を溜めた配水池であれば、その中で魚が泳いでいたら、ここの排水処理が万全であることが人に伝わりやすくなります。

美容院でビジネス書を売ってもいいでしょう。

顧客が「おや?」と思って、思わず笑ってしまうような意外性を常に追求していたいものです。

ディズニーの従業員が、ディズニーの最もよい顧客なのです。

試験の時点で一定のレベル以上にディズニーを理解している人を採用することにしています。

「他人の靴をはく研修」とは、常勤のキャストが自分の職務以外の職務の研修を受けることだったのです。

金両基『ハングルの世界』中公新書

アルファベットよりも二字足りない二十四字のハングル。

ハングルは漢字の構造を大いに参考にしていることはいなめない。

外国語は耳から覚えるにかぎる。

韓国語を覚えるのに文法は不要。

北朝鮮は韓国よりもハングル化がさらにてっていしている。

ハングルの創制にあたって、中国の音韻学から多くを学んだ。

韓国では同姓同本どうしの結婚は、民法で禁じられている。本貫が同じだと絶対に結婚できない。

韓国へいったり、韓国人とつきあうときくらいは、両手使いを覚えておくといい。

いまのソウルを、朝鮮朝では漢陽といった。

2013年10月17日 (木)

仲尾宏『Q&A在日韓国・朝鮮人問題の基礎知識【第2版】』明石書店

1991年、日韓外相協議の覚書をうけて「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」が成立しました(略称:入管特例法)。これによって1952年のサンフランシスコ条約発効後、はじめて在日韓国・朝鮮人の在留権が一本化され、その子孫にまで「特別永住」が認められるようになりました。

「帰化」という言葉は七世紀に編纂された『日本書紀』において朝鮮半島などから渡来してきた人びとがヤマトの王権に「欽化内帰」「王化」に服した、という意味で用いられました。同じころにできた『古事記』にはない用例です。

倉林良行『すらすら原価管理』中央経済社

モジュール化とは、機能的に独立した各パーツ(モジュール)を組み合わせることによって製品が完成するよう内部設計することをいいます。

アップルは、典型的なファブレス

山村修『<狐>が選んだ入門書』ちくま新書

一度は辞書をはじめからおわりまで読みとおしてみたい。

敬語とは「距離」だ。

世界広しといえども、自前の歴史文化を持っている文明は、地中海文明と、中国文明の二つだけである。

地中海文明の歴史をつくったのは「歴史の父」ヘーロドトス、中国文明の歴史をつくったのは司馬遷。

応仁の乱以後はわれわれの真の身体骨肉に直接触れた歴史であって・・・・・

応仁の乱以前のことは知らなくてもよい。

ギリシア思想とヘブライの信仰(ユダヤ教・キリスト教)とをヨーロッパ思想をつらぬく二つの太い芯と見定め・・・・・

レヴィナスは「自己」と「他者」との関係をもっとも徹底的に考えつくした哲学者のひとり。

井筒俊彦は二人のすごい先生にアラビア語を習っています。

2013年10月15日 (火)

鈴木亮『日本からの世界史』大月書店

1895年、日清戦争に勝った日本は、台湾を植民地にした。

セシル・ローズ

「大東亜共栄圏」の実態は、「共栄」などといえるものではなく、アジア・太平洋の諸国・諸民族をふみ従えていくものであった。

日本政府が決定した「南方占領地行政実施要領」というのを見れば、アジアの諸民族の開放など考えていなかったことはすぐわかる。

柳宗悦。槙村浩。石橋湛山。

ハワイにはハワイ人がいたのである。

日本の植民地であったミクロネシア。

アジア・太平洋戦争の授業をやって、なぜ、東南アジアや太平洋を忘れてしまうのか。

ヨーロッパ中心、大国中心の世界史の構成では、アフリカ史ははみだしてしまって身のおきどころがない。

雨森芳洲

韓国は、〝恨の文化〟であり、日本人のように水に流すことができない。

「列強」つまり大国、強国さえ承認すればいい、あとの「小国」「とるにたりない弱小国」は眼中にない。

朝鮮が南北に分かれているのは、朝鮮戦争のためだと思っている学生がいる。

石川啄木

小倉紀蔵『おれちん 現代的唯我独尊のかたち』朝日新書

「おれさま」+「ぼくちん」=<おれちん>なのである。自己中心的で威張っており、しかも自閉的な人間である。

仲間以外はみな風景。

中国では、異民族が中原を支配すると、やがてどんな異民族でも中華化してしまう。女真族しかり、モンゴルしかり。つまりどんな異民族でも、中華文明に呑まれてしまう。

伝統的・土着的なパターナリズム(父性的干渉主義)とパトリアティズム(愛国主義)

世界の歴史についても何も知らない。彼ら彼女らにとっては、すべてが「あらかじめそこにある」ものなのである。

恒産なき者は恒心なし(孟子)

席を譲るという行為に何らかの倫理的成就感を意識できるような社会をつくってこなかった、日本人全体、<わたし>たち全体の問題なのだ。

東アジアはどこを向いても<おれちん>だらけである。

<アイデンティティ>が社会の構成員の不自由な序列化をはかる概念であるのに対し、<コンセプト>は基本的に、自由競争の概念である。

「美しい国」は、死の匂いがする。

なぜ「美しい国」が「死の国」なのか。それは、「美しい」という価値に政府が介入してきたからだ。何が美しくて何が美しくないかは、国民ひとりひとりが決めることである。

2013年10月 7日 (月)

康玲子『私には浅田先生がいた』三一書房

朝鮮籍はよく誤解されるが「北朝鮮籍」という意味ではない。戦後日本は、サンフランシスコ講和条約の発効とともに、それまで「帝国臣民」としてきた朝鮮人を日本国籍から離脱させた。その時に朝鮮半島出身であることを表すために国籍欄に記入された「記号」が「朝鮮」である。その後、日本は韓国とだけ国交正常化をしたので、韓国籍に切り替える人が増えた。

2013年10月 5日 (土)

森行生『ランチェスター戦略を超えて 商品の成功方程式』JapanMix

田岡氏の愛弟子である矢野進一氏も不明確な部分については認めており、矢野氏の著書である『まんが 新ランチェスター戦略』シリーズには、それらの矛盾点を極力解決した、と記されている。

ブランドができた理由は、ヨーロッパとアメリカでは若干異なるといわれている。

アメリカ型のブランドは「誰が買っても一定の品質が得られる」ことから始まった。

ヨーロッパのブランドの歴史は、ルネッサンス時代に端を発する。ヨーロッパのブランドは「気に入ったモノの品質と同等のモノをリピートするための手掛かり」として発達したのである。

「コンセプト」は「規格」と異なり、基本的に技術用語を使用しない。生活者が使用するわかりやすい言葉で商品を定義しようというのが、「コンセプト」の特徴だった。

2013年10月 1日 (火)

本日の映画

ミルドレッド 輝くの季節

ノウイング

コップランド

人生模様

ミッシング

パリは燃えているか

ロミオ&ジュリエット

ブラックホーク・ダウン

ザ・ストレンジャー

ストーン・コールド

ジェレミー

スローターハウス5

ウイズダム

栄光への脱出・・・イスラエル

サブウェイ123激突

パパラッチ

赤と黒

エルビス・アンド・ミー

佐藤優『読書の技法』東洋経済新報社

ハーバーマスの場合、しっかりした日本語の翻訳があるので、なんとなくわかったつもりになってしまい、誤読する危険性が高い。

基本書は3冊、5冊と奇数にする。その理由は、定義や見解が異なる場合、多数決をすればよいからだ。

戦前の旧制高校で、カントやヘーゲルなどのドイツ古典哲学を学生に徹底的に教え込んだのも、体系知という技法を身につけさせるためだ。

筆者が知るかぎり、ノート作りのいちばんの天才はレーニンである。

知は基本的に先人の遺産を継承したうえで成り立っている。

歴史小説で歴史を勉強してはいけない。

外交交渉には、勝負の要素と運がある。

ベストセラーはどんな作品であっても、その時代の雰囲気をつかんでいる。

日本の陸地面積の0.6%を占めるにすぎない沖縄に在日米軍基地の74%が存在するという不平等。

夜は悪魔の支配する時間なので、夜中に原稿を書いてはいけない。夜中に原稿を書くことを余儀なくされた場合、翌日太陽の光の下でもう一度その原稿を読み直してみること(ボンヘッファー)

ファシズムにとって、重要なのが「全体の代表」という表象だ。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック