フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小倉紀蔵『おれちん 現代的唯我独尊のかたち』朝日新書 | トップページ | 山村修『<狐>が選んだ入門書』ちくま新書 »

2013年10月15日 (火)

鈴木亮『日本からの世界史』大月書店

1895年、日清戦争に勝った日本は、台湾を植民地にした。

セシル・ローズ

「大東亜共栄圏」の実態は、「共栄」などといえるものではなく、アジア・太平洋の諸国・諸民族をふみ従えていくものであった。

日本政府が決定した「南方占領地行政実施要領」というのを見れば、アジアの諸民族の開放など考えていなかったことはすぐわかる。

柳宗悦。槙村浩。石橋湛山。

ハワイにはハワイ人がいたのである。

日本の植民地であったミクロネシア。

アジア・太平洋戦争の授業をやって、なぜ、東南アジアや太平洋を忘れてしまうのか。

ヨーロッパ中心、大国中心の世界史の構成では、アフリカ史ははみだしてしまって身のおきどころがない。

雨森芳洲

韓国は、〝恨の文化〟であり、日本人のように水に流すことができない。

「列強」つまり大国、強国さえ承認すればいい、あとの「小国」「とるにたりない弱小国」は眼中にない。

朝鮮が南北に分かれているのは、朝鮮戦争のためだと思っている学生がいる。

石川啄木

« 小倉紀蔵『おれちん 現代的唯我独尊のかたち』朝日新書 | トップページ | 山村修『<狐>が選んだ入門書』ちくま新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/58389566

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木亮『日本からの世界史』大月書店:

« 小倉紀蔵『おれちん 現代的唯我独尊のかたち』朝日新書 | トップページ | 山村修『<狐>が選んだ入門書』ちくま新書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック