フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 上野俊哉他『カルチュラル・スタディーズ入門』ちくま新書 | トップページ | 青島矢一他『競争戦略論』東洋経済新報社 »

2013年10月30日 (水)

前田朗『ヘイト・クライム―憎悪犯罪が日本を壊す―』三一書房

人種と民族は相対的に区別されて用いられてきた。日本民族と朝鮮民族という呼称が用いられてきたように、朝鮮人差別は民族差別である。「朝鮮人差別は人種差別ではない」と考える人もいないわけではない。しかし、人種差別撤廃条約の人種差別の定義には民族差別も含まれる。

ミサイル打ち上げは国際法に違反していない。

時間を持て余し、社会にアクセスできない人たちが匿名のインターネットでつながり、罵声を浴びせて一体感を確認した後、何事もなかったかのように日常に戻る。被害妄想をふくらませ、敵とみなした相手に英雄気分で攻撃を仕掛けては達成感を得る。あまりにも幼い。

彼らは、朝鮮や韓国や在日がなくなったら、間違いなく生きる意味を見失うだろう。

彼らは、終生私にストーカー行為を続けるだろう。しかし、彼らの人生には、光もまたありはしないのだ。

« 上野俊哉他『カルチュラル・スタディーズ入門』ちくま新書 | トップページ | 青島矢一他『競争戦略論』東洋経済新報社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/58464652

この記事へのトラックバック一覧です: 前田朗『ヘイト・クライム―憎悪犯罪が日本を壊す―』三一書房:

« 上野俊哉他『カルチュラル・スタディーズ入門』ちくま新書 | トップページ | 青島矢一他『競争戦略論』東洋経済新報社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック