フォト
無料ブログはココログ

amazon

« リチャード・ヴィートー『ハーバードの「世界を動かす授業」』徳間書店 | トップページ | 原尻英樹他『日本と朝鮮 比較・交流史入門』明石書店 »

2013年10月19日 (土)

山田花子『自殺直前日記 完全版』太田出版

特に心身に障害はなくても、この世ではいくら努力しても、生きていき難い人達がいることを知った。

学校や職場など集団の中では、皆と感覚の違う者・皆と違った考え方をする者や、スローペースで集団の足並みを乱す者は「異端」として差別され迫害され排除される。

親切=お節介。心配=ありがた迷惑。

重大なこと、実はどうでもいいこと。

アインシュタインやお釈迦様の思想も結局はただの思い込みではないのか。

一度も話しかけてもないのに諦めちゃった・・・こんな恋もある。まだ何もしてないのに諦めちゃった・・・こんな人生もある。

一見するとダサイもの、マヌケなものほど実は人間的。

バカやキチガイはいつも自然体で生きている。人目を気にしてない。真の意味で人間的。

豚小屋発犬小屋行きの理論。

作品のよさと人間性のよさは別。

« リチャード・ヴィートー『ハーバードの「世界を動かす授業」』徳間書店 | トップページ | 原尻英樹他『日本と朝鮮 比較・交流史入門』明石書店 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田花子『自殺直前日記 完全版』太田出版:

« リチャード・ヴィートー『ハーバードの「世界を動かす授業」』徳間書店 | トップページ | 原尻英樹他『日本と朝鮮 比較・交流史入門』明石書店 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック