フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 間宮陽介『同時代論 市場主義とナショナリズムを超えて』岩波書店 | トップページ | 田島正樹『哲学史のよみ方』ちくま新書 »

2013年11月12日 (火)

石田英一郎他『日本民族の起源』平凡社

民族の起源などといっても、さかのぼればキリのないことで、最後は人類の起源ということになってしまう。もともと民族起源論が学会に問題となったのは、十九世紀のナショナリズムの勃興期の所産。

高天原神話の主神はタカミムスビと考えざるをえなくなる。

アマテラス神話は天皇種族が朝鮮半島を経て日本列島に進入して来た以前にすでに日本島に住み、主として農業社会を形成していた民族の神話であったろうとおもうのです。

弥生式文化は農耕的な文化であるということは、これは確か。

朝鮮でも南朝鮮と北朝鮮とでは、種族的に見て種々の異同があるようです。

皇室の種族的系統につき、また皇室の本来の神話的主神はタカミムスビノカミで、アマテラスオオミカミではないと思う。

« 間宮陽介『同時代論 市場主義とナショナリズムを超えて』岩波書店 | トップページ | 田島正樹『哲学史のよみ方』ちくま新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/58550939

この記事へのトラックバック一覧です: 石田英一郎他『日本民族の起源』平凡社:

« 間宮陽介『同時代論 市場主義とナショナリズムを超えて』岩波書店 | トップページ | 田島正樹『哲学史のよみ方』ちくま新書 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック