フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 鳥居正直『本当の儲けを生み出す 戦略と会計のマネジメント』日本経済新聞出版社 | トップページ | 多言語化現象研究会編『多言語社会日本 その現状と課題』三元社 »

2013年11月23日 (土)

田中正知『トヨタ式 カイゼンの会計学』中経出版

スーパー・・・・・大量仕入れで安く買い、粗利を多くする。

コンビニ・・・・・売り買いの回数を増やし、資金回転をよくする。

利益率・・・営業活動1回あたりでどれだけ儲かるか

収益性・・・ある一定の期間(通常は一会計期間)あたりでどれだけ儲かるか

『Jコスト論』では、本当の「儲け」を、正しく測定するためにも、「利益率」と「収益性」を、きちんと区別して、計算・認識していくことの重要性を訴えているのです。

« 鳥居正直『本当の儲けを生み出す 戦略と会計のマネジメント』日本経済新聞出版社 | トップページ | 多言語化現象研究会編『多言語社会日本 その現状と課題』三元社 »

管理会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/58629346

この記事へのトラックバック一覧です: 田中正知『トヨタ式 カイゼンの会計学』中経出版:

« 鳥居正直『本当の儲けを生み出す 戦略と会計のマネジメント』日本経済新聞出版社 | トップページ | 多言語化現象研究会編『多言語社会日本 その現状と課題』三元社 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック