フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 吉良俊彦『他人の人生を盗めばアイデアは生まれる! 1日24時間吉良式発想法』プレジデント社 | トップページ | 片岡剛士『アベノミクスのゆくえ 現在・過去・未来の視点から考える』光文社新書 »

2013年12月21日 (土)

田崎正巳『ビジネスパーソンのための断捨離思考のすすめ』同文舘出版

「断捨離」の真の目的は、不要なモノを捨てることではありません。過去に大切にしていたモノ、まだ使えるモノを捨てなくてはならないことは、とても辛いでしょう。ですが、それを繰り返していくうちに、段々精神が鍛えられ、モノに対する本当の価値や必要性を見通せるようになる、これが真の目的です。

本当の多角化とは、自社の優位性を築くことができる、あるいはシナジーを得られる分野に進出するという意味です。十分な優位性がないまま、成長しているから、自社でもできるから、という程度の理由で、「できる」ことを拡大することではありません。

なぜ「捨てる」「断つ」が必要か

  • 経営資源が限られているから
  • 市場環境の変化が速いから
  • 意識していなければ、ムダは自然と増えるものだから
  • 総花経営では、専業大手に勝てないから

サッポロビールとアサヒビール、実はこの2社は、戦前は「大日本麦酒」という日本一のビール会社でした。

« 吉良俊彦『他人の人生を盗めばアイデアは生まれる! 1日24時間吉良式発想法』プレジデント社 | トップページ | 片岡剛士『アベノミクスのゆくえ 現在・過去・未来の視点から考える』光文社新書 »

コンサルタント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 吉良俊彦『他人の人生を盗めばアイデアは生まれる! 1日24時間吉良式発想法』プレジデント社 | トップページ | 片岡剛士『アベノミクスのゆくえ 現在・過去・未来の視点から考える』光文社新書 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック