フォト
無料ブログはココログ

amazon

« LAZAK編著『裁判の中の在日コリアン 中高生の戦後史理解のために』現代人文社 | トップページ | 竹内正浩『地図で読み解く日本の戦争』ちくま新書 »

2014年1月19日 (日)

伊藤真『憲法は誰のもの? 自民党改憲案の検証』岩波ブックレット

法律と憲法では矢印の向きが逆だ。

法律は国民の権利を制限したり、義務を課するものであるのに対して、憲法は、国民が国に守らせるためのものです。法律は国が国民に命令するものであるのに対して、憲法は国民が国にめいれいするものと考えて、「矢印の向きが逆だ」と言ってきたのです。

近代憲法の存在理由でもある立憲主義こそ、憲法の中でなによりも知らなければならない最重要のキーワードです。

立憲主義とは、すべての人々を個人として尊重するために憲法を定め、それを最高法規として国家権力を制限し、人権保障をはかる思想です。

« LAZAK編著『裁判の中の在日コリアン 中高生の戦後史理解のために』現代人文社 | トップページ | 竹内正浩『地図で読み解く日本の戦争』ちくま新書 »

法学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/58973781

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤真『憲法は誰のもの? 自民党改憲案の検証』岩波ブックレット:

« LAZAK編著『裁判の中の在日コリアン 中高生の戦後史理解のために』現代人文社 | トップページ | 竹内正浩『地図で読み解く日本の戦争』ちくま新書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック