フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 田中美知太郎『自分のこと 世界のこと』文藝春秋 | トップページ | 本日の映画 »

2014年1月22日 (水)

國澤光利『社長さん!そんな「決算書」の作り方じゃ、会社がつぶれますよ!』彩図社

江戸時代、呉服屋の越後屋は、法律で決まっているわけでもないのに、きちんと記帳を行っていました。越後屋は業績をどんどん伸ばし、三越百貨店となりました。

レコーディング経営

「固定費」と「借入金の返済」を賄うだけの、最低限の売価は付けなければなりません。

私は、借入金には2種類あると思っています。国債で例えるなら、建設国債と赤字国債です。

黒字を出して、税金を支払い、残りを貯蓄や投資にまわす。これが会社のあるべき姿です。

最低限必要な売上高の求め方

  1. 手元に残したいお金+返済・支払額=A
  2. A÷0.7=あるべき「税引き前当期純利益」の額+固定費=B
  3. B÷粗利益/売上高=最低限必要な売上高

« 田中美知太郎『自分のこと 世界のこと』文藝春秋 | トップページ | 本日の映画 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 田中美知太郎『自分のこと 世界のこと』文藝春秋 | トップページ | 本日の映画 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック