フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 大村大次郎『税務署員だけのヒミツの節税術』中公新書ラクレ | トップページ | 岩谷誠治『仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本』すばる舎 »

2014年2月16日 (日)

小熊英二『社会を変えるには』講談社現代新書

道路が人を吸いあげて地方の過疎化が進む現象は、「ストロー効果」とよばれます。

日本の原発政策の特徴は、韓国やロシアのように国営公社が原発を作るのではない、政府の政策にもとづいて民間会社が原発を作る「国策民営」であることです。

同じマルクス主義といっても、労働政党が議席を獲得して福祉社会をめざすという社会民主主義ではなく、少数精鋭の前衛党を組織して革命で政権をとるというレーニン主義の影響が強いものがありました。

下院議員は「国民の代表」ですが、上院議員は「州の代表」です。

『古事記』で大和王朝の領土とされている「大八洲」には、北海道も沖縄も入っていません。

« 大村大次郎『税務署員だけのヒミツの節税術』中公新書ラクレ | トップページ | 岩谷誠治『仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本』すばる舎 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59139861

この記事へのトラックバック一覧です: 小熊英二『社会を変えるには』講談社現代新書:

« 大村大次郎『税務署員だけのヒミツの節税術』中公新書ラクレ | トップページ | 岩谷誠治『仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本』すばる舎 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック