フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 吉越浩一郎『結果を出すリーダーの条件』PHPビジネス新書 | トップページ | 齋藤孝『由緒正しい日本の教養 俳句・茶の湯・禅・歌舞伎・能・・・』MEDIA FACTORY »

2014年2月10日 (月)

水島朝穂『はじめての憲法教室-立憲主義の基本から考える』集英社新書

それはフランス、韓国に見られるような「過去の過ちに対する反省」が自民党草案の緊急事態条項には微塵も感じられないということです。

このような〝過ち〟を二度と犯さないという強い国民的意思が、三十六条の「絶対に」という言葉には込められているのです。また、三十六条は「絶対に」という言葉を特に記すことによって、公共の福祉という概念をもってしても決して例外は認めないという強い意志を示しているのです。「絶対に」は絶対に削除してはなりません。

« 吉越浩一郎『結果を出すリーダーの条件』PHPビジネス新書 | トップページ | 齋藤孝『由緒正しい日本の教養 俳句・茶の湯・禅・歌舞伎・能・・・』MEDIA FACTORY »

法学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59103358

この記事へのトラックバック一覧です: 水島朝穂『はじめての憲法教室-立憲主義の基本から考える』集英社新書:

« 吉越浩一郎『結果を出すリーダーの条件』PHPビジネス新書 | トップページ | 齋藤孝『由緒正しい日本の教養 俳句・茶の湯・禅・歌舞伎・能・・・』MEDIA FACTORY »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック