フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 松岡修造『応援する力』朝日新書 | トップページ | 森岡寛『社長のための黒字の教科書』ダイヤモンド社 »

2014年2月27日 (木)

千野境子『なぜ独裁はなくならないのか 世界の動きと独裁者インタビュー』国土社

ノリエガ、オルテガ、カストロ三人の指導者たちに共通する反米的言動から、私はこの旅をひそかに〝カリブの三悪人を訪ねて〟と名づけていました。

アジアにはいまも中国や北朝鮮など、共産党による一党独裁政権が存在します。

権威主義体制あるいは開発独裁は、一般的には途上国で、経済発展のためには政治的な安定が必要だとして、国民の政治参加を制限し、民主主義よりも独裁的な強権政治を優先し、経済開発政策を進める政治体制のことをいいます。軍事政権が少なくないのもこのためです。

朝鮮戦争で最貧国も同然となった韓国に、「漢江の奇跡」とよばれる目ざましい経済成長をもたらす基礎を気づいたのは、朴大統領の果断な政治によるものだった、というものです。

韓国東岸の浦項にある韓国最大の浦項製作所は、朴政権時代に日本の新日鉄の協力でできました。

« 松岡修造『応援する力』朝日新書 | トップページ | 森岡寛『社長のための黒字の教科書』ダイヤモンド社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59208380

この記事へのトラックバック一覧です: 千野境子『なぜ独裁はなくならないのか 世界の動きと独裁者インタビュー』国土社:

« 松岡修造『応援する力』朝日新書 | トップページ | 森岡寛『社長のための黒字の教科書』ダイヤモンド社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック