フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 金子光晴『絶望の精神史』 | トップページ | 金子光晴『残酷と非情』 »

2014年2月20日 (木)

金子光晴『日本人の悲劇』

日本人は、どこへいっても、その国のことばをおぼえることが不得手です。日本人の劣等感からくる自尊心が、いつも先くぐりをして、心をあいての心に近づけようとしません。一言で言えば、ひどく臆病なのです。

平民の下にはまだ、新平民というものがいます。穢多非人と言われ、最下級の人間とされていました。

孔夫子は、・・・・・現代人が考えているよりも人間が、元来たまらない糞壺のようなものだと見抜いたからのことかもしれません。

戦場では、日常のことばというものがないのです。馬を鹿と言えば、その通り復唱するだけでいいのです。そして、戦場にあるものは、命令と、怒号と歌だけです。

« 金子光晴『絶望の精神史』 | トップページ | 金子光晴『残酷と非情』 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59168167

この記事へのトラックバック一覧です: 金子光晴『日本人の悲劇』:

« 金子光晴『絶望の精神史』 | トップページ | 金子光晴『残酷と非情』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック